■新刊/バックナンバー > 00号 | 01号 | 02号 | 03号 | 04号 | 05号 | 06号 | 07号 | 08号 | 09号 | 10号 | 11号
■棲 別冊 > 建築は生きている(吉村順三)  ■棲チーム編集> 家家(いえいえ)

 

 ※完売しました

<棲 別冊> 11年1月26日発行 税込1000円

建築は生きている

―吉村順三建築のいま

 

「住まいの達人」と称される建築家、吉村順三(1908〜1997)
小さな住宅から音楽堂、皇居新宮殿まで、

建築の規模、用途にかかわらず
住まう人、使う人の居心地の良さを求めたという

吉村さんの建築は、
いまも、生きている。

 

 建築は、愛されなければ残らない。
 建築は、そこに誇りがなければ残らない。
 建築は、人がいなければ残らない。

 

吉村建築のいまの姿をありのままに、

たっぷりと紹介します。

 

収録建築
 ・吉村山荘「小さな森の家」
 ・愛知県立芸術大学
 ・八ヶ岳高原音楽堂
 ・竹早山荘
 ・南台の家(吉村自邸)

 

特別インタビュー
吉村多喜子、隆子
「心地よい住まい」を求め続けた吉村建築の原点

 

 

棲別冊「建築は生きている ― 吉村順三建築のいま」
2011年1月26日発行
A4 判、4C(カラー)、36ページ/税込1000円
発行/自由空間 
編集/兼松はるみ、浅野未紗子 
デザイン/(有)ハンズ
撮影 / 木村一成

写真(上から)
・表紙は軽井沢の山荘
・愛知県立芸術大学
・南台の自邸にて、多喜子夫人と娘の隆子さんにインタビュー